部署紹介 けいゆう病院 看護師募集サイト

DEPARTMENT

部署紹介

けいゆう病院 看護師募集サイト

DEPARTMENT

部署紹介

けいゆう病院の部署についてご紹介します。

それぞれの部署に特徴と信念があり、部署毎にみんなが同じ方向を向き、時には意見を話合いながら、師長も先輩も後輩も、日々患者さんのために邁進しています。

4階病棟 眼科・皮膚科・産科以外の緊急入院

4F病棟は、眼科、皮膚科、産科以外の緊急入院病床を持つ病棟です。
入院初期アセスメントを行い、医師やコメディカルと連携して適切な看護を提供します。特に予期せぬ入院の場合には、患者・家族の背景や心理に配慮したオリエンテーションを行います。
専門科の病棟へ移るまでの期間また、退院まで安全で安心した入院生活が送れる様に援助し、その後の生活がイメージできるように看護を提供しています。

5階病棟 外科

5階病棟 外科

5階病棟は、消化器・乳腺・呼吸器・血管の外科病棟です。周手術期を始め、化学療法、終末期看護にも対応しています。
乳がん術後や大腸癌人工肛門造設後のボディーイメージの変化による精神的サポートやセルフケア指導も行っています。
急性期~治療期~終末期と多岐に渡る看護が求められ、患者さんのニーズに添えるように医師・コメディカルと連携をとり対応しています。
チームワークを大切し、笑顔の素敵な看護師を目指しています。

6階病棟 産科

6階病棟は、産科単科の病棟です。年間約1300件の分娩を取り扱っています。
病棟・外来を一元管理し、妊娠期から産褥期までの妊産褥婦に寄り添い、母親教室・両親教室開催をはじめ、個別性を重視した看護ケア・保健指導を実践しています。
また、お母さんとお子さんが退院後も安心して過ごす事が出来るよう地域と連携した支援を行っています。

6階病棟 産科

お母さんの体調に合わせて母児同室を行います。体調が優れない時などは新生児室でお子さんをお預かりし、体調を整えながら育児に慣れることが出来るよう援助を行っています。

6階病棟 産科 6階病棟 産科

6階病棟 産科

医師・助産師・看護師が一丸となり、命の誕生に向き合っています。7階病棟・8階病棟・手術室のスタッフと連携を密に図り、安全・安楽な分娩となるよう助産・看護ケアを行っています。

7階病棟 産婦人科・眼科・内科(糖尿病)

7階病棟は、産婦人科(産科:切迫流産・早産、重症妊娠悪阻、婦人科:良性・悪性疾患手術や化学療法)、眼科(白内・緑内障、硝子体手術)、糖尿病教育入院の患者さんが主に入院しています。
在院日数が短く、病床回転数の高い病棟です。その他にも、緊急入院で様々な診療科の患者さんの入院があり、色々な経験が出来ます。患者さんの個別性を大切にし、心のこもった看護の提供に努めています。他職種と連携し、チームワークを高め活気のある楽しく働ける病棟です。

8階病棟 小児科、耳鼻咽喉科、整形外科

8階病棟は、小児期と成人期で分かれている病棟です。
耳鼻科・整形外科では周手術期をはじめ終末期看護も提供し、リハビリや栄養科等の他部署と連携しながら、安心して退院できるように支援しています。
小児科では未熟児から学童期まで幅広い年齢を対象とし、患児だけではなく家族の思いを大切するよう、日々看護に努めています。

9階病棟 泌尿器科、整形外科

9階病棟は、整形外科と泌尿器科の病棟で周手術期の看護が特徴です。整形外科は、術後、リハビリ療法がとても重要となってきます。
高齢患者も多い事から退院支援について、医師、理学療法士、看護師など他職種でのカンファレンスを行なっています。泌尿器科では、前立腺癌・膀胱腫瘍など悪性疾患の患者もいるため、ターミナルケアにも真摯に取り組んでいます。

10階病棟 内科(循環器・呼吸器)

10階病棟 内科(循環器・呼吸器)

10階病棟は、循環器内科・呼吸器内科疾患を主とした内科病棟です。
心臓カテーテル検査・冠動脈形成術、ペースメーカー挿入術の治療や肺炎の誤嚥予防、肺癌の化学療法、終末期の看護をリハビリ・疼痛緩和ケアチーム・リエゾンチームと連携を図り、患者・家族の支援を行い、患者の安心・安全を第一に個別性を重視した看護を実践しています。

11階病棟 内科(消化器・脳血管・神経・腎臓)

11階病棟は、消化器内科6~7割・脳血管・神経内科・腎臓内科1~2割を主とした内科病棟です。
消化器疾患では様々な内視鏡治療の実施・脳疾患・腎疾患に関しても様々な検査・治療をしています。
多数の疾患の理解が求められますが、看護師としてとてもやりがいのある病棟です。患者の安全を第一に的確な判断のもと個別性を重視した看護の提供をモットーに看護を実践しています。

12階病棟 内科(血液・内分泌)

12階病棟は、血液内科疾患を主とした病棟です。
化学療法や輸血療法を実施している患者さんが多く、精神的看護を必要とする患者さんも多いため、疼痛緩和ケアチーム・リエゾンチームと連携を図り患者さんやご家族のニーズに沿った個別性のある看護を実施しています。

手術室

手術室

8診療科の手術、緊急を含め年間約5000件実施しています。
2019年からロボット支援下によるダヴィンチ手術も行い、多職種が連携を取り合っています。手術室は専門性の高い分野であるため、各診療科の勉強会を行ないスキルアップにつなげています。
一人の患者さんをパートナーで担当し、安全安心に手術を受けていただけるよう看護の提供、実践を行なっております。

ICU

主に呼吸・循環動態が不安定な患者や術後管理が必要な患者が集中治療を必要とする期間、入室しています。
専門的かつ高度な医療が施される部署であり、日頃から知識、判断力、スキルの向上に努め、家族看護にも力を入れています。
時には厳しく、その中に優しさも兼ね備えているスタッフが多くいる職場です。

外来

当院の外来は、10科の診療科があり、各科それぞれ専門医による診断、治療、継続的な支援、生活指導などが行われています。
看護の専門性を活かし患者のニーズに対応していくため、専門・認定看護師やその他の資格を有する看護師を中心に看護外来を開設し外来部門の質の向上につとめています。
外来は、子育て中の非常勤看護師が半数を占める女性の職場でもあります。ワークライフバランスを考慮し、多様な雇用形態で対応しています。
また助手・医療秘書、クラーク、多職種と連携し診療を支援しています。

内視鏡・放射線科・血液浄化・健診

内視鏡室は、内視鏡技師免許を取得した看護師や取得を目指す看護師が医師とチームで頑張っています。胆膵の内視鏡の診断と治療が増加しています。
放射線科は、CT・CAG・PCI等検査及び治療を、またIMRTが導入され放射線治療に他チームと連携をとり患者さんをサポートしています。
血液浄化室は、MEや病棟看護師と連携し透析に関わっています。
健診センターは、人間ドックや企業などの特定健診や予防注射などを行なっています。

看護外来

看護外来では、その分野において専門的な知識・技術をもった看護師が、医師や多職種と連携し、患者・家族からの相談・指導・ケアを行い、療養生活の視点に沿った支援を行います。

リンパ浮腫ケア外来

リンパドレナージセラピスト 吉沢 美穂さん

リンパ浮腫とは、リンパ節郭清手術や放射線療法の後遺症などが原因で、リンパの流れが滞り手足がむくむ状態です。
一度むくむと完治が難しいため、早期発見と予防ケアが必要となってきます。リンパ浮腫ケア外来では正しいケア方法を知り、日常生活でご自身できるようにサポート致します。そしてリンパ浮腫を発症している方には複合的治療実施をし、セルフケアが続けられるよう支援します。

地域医療連携センター

地域医療連携センター

地域医療連携センターは、「地域医療支援病院」としての責任と役割を果たすため、地域医療連携、医療福祉・在宅ケア支援、入退院支援など多面的な機能を持ち事務、MSW、看護師が協力し対応しています。
熟練看護師、ママさん看護師、認定看護師等々年齢層も厚く病院の顔として日々奮闘しています。病院見学の機会には是非お立ち寄りください。

救急センター

救急センター

年間4000台の救急車を受け入れています。ICLSやJPTECの資格も積極的に取得しています。
救急隊との情報交換など、他職種との連携とコミュニケーションで働きやすい職場環境を作り、患者さん・患者さん家族への看護の提供を行っています。

男性看護師

地域医療連携センター

けいゆう病院には、たくさんの男性看護師が活躍しています。新卒、既卒、様々な年代の男性看護師がお互いを高め合い、切磋琢磨しながら成長しています。
時にはざっくばらんに話しをして、コミュニケーションを取っています。
インターンシップでは男性の学生さんに付いてもらうことが多く、合同就職説明会や先輩インタビューにも参加しています。

TEL 045-221-8202

pagetop

Copyright keiyu Hospital. All Rights Reserved.

インターンシップ・病院説明会について

資料請求

Copyright (C) keiyu Hospital. All Rights Reserved.

Copyright (C) keiyu Hospital. All Rights Reserved.